超音波骨観察装置(エコー)について

骨折、や外傷の治療の際の判断において、レントゲンの予備検査として超音波観察を行うことで,病院へのレントゲン依頼の鑑別をしております。

 

 超音波の特徴 

 

 X線のように、放射線を浴びることのない安全な観察法です。

 

 人体に無害ですから繰り返し観察できます。

 

 従来、X線では観察できなかった軟部組織(筋、腱、じん帯)の損傷も観察できます。

 

 肉離れのような軽度な軟部組織損傷については、MRIよりも分解能に優れています。

 

 生体組織への影響はありませんので、妊婦の方や高血圧の方も安心です。

 

当院は日本超音波骨軟組織学会の会員です。